トピックス‎ > ‎

2月のエッセイ

2017/02/19 22:22 に Mitsuko Mikami が投稿   [ 2017/02/19 22:29 に更新しました ]
アメリカではいよいよオバマ政権からトランプ政権に移行し、新たな時代の幕開けとなりました。アメリカ国民が選んだ元ビジネスマン大統領が率いる一大国は自国中心主義を掲げ、世界中にどんな影響を与えどういう結果をもたらすのか興味深いものがあります。

現代は様々な形の“分離”“分断”“壁”の意識が各種問題を生じさせている時代です。まず、食や日常生活は自然から大きく分離しました。我々は工場で機械によって化学的に味付け、生産された食品を食べることが日常的になっていますし、食事の代わりにサプリメントやエキスなどを飲んで栄養を摂ることが合理的だという考え方さえありますが、はたしてそうでしょうか。私達の身体は食べ物でできています。程度の問題はありますがこうした不自然な食品でできた身体と結びついた心からだんだん人間性が失われ、機械的な感覚の人間が多くなっているような気がするのは私だけでしょうか。

生活面に関しても同様な事が言えます。大都市での生活は自然環境から人々を遠ざけています。そのひとつに光公害というのがあります。“24時間眠らない町”という年中明かりが途切れる事のない大都市が多くありますが人工の光は宇宙の星々から本来我々が受けて身体を癒すエネルギーをさえぎってしまいます。夜は電気を消して横になり眠る事が自然で大切なことなのです。

現代社会において、私達は自然の一部であるという感覚、意識が薄らいでいます。自然なくして我々は生存できません。自然や宇宙とのつながりを再認識してひとりひとりが自分の内面と向き合い、人間本来の生き方、考え方を取り戻したなら、私達の不幸や病気の大半は解決へ向かうことでしょう。
Comments