トピックス‎ > ‎

8月のエッセイ

2017/07/19 17:11 に Mitsuko Mikami が投稿   [ 2017/07/20 1:11 に更新しました ]
7月12日は新潟県見附市でクラスを行いました。ここでのクラスは9年目になりますがマクロビオティック料理教室の参加者は安定して増加しています。今回は初めて夜のクラスの開催をしたところ18名の参加があり、そのうちの8名は玄米を食べたこともない方を含む初心者の方でした。日中働いているので夜のクラスなら参加可能、という方が結構いらっしゃいました。今回は枝豆を最後に玄米に混ぜて夏らしさを演出しましたが初めての方にも美味しいと好評でした。

15日は仙台のナチュラルフードショップオーク社長とカフェスタッフ2人計4人で埼玉のオーガニック食材を扱う会社、アリサン(台湾の山阿里山が由来)の食のイベントに参加してきました。高麗(こま)川を見下ろすアリサンカフェのテラスには椅子とテーブルと食事を提供する幾つかのブースが用意されており外国人を含む多くの人で賑わっていました。私たちも早速各自が好きな食べ物を買ってきては皆で味見をしました。アリサンは基本的に海外のベジタリアンが好んで作る献立に必要な食材や商品を提供する会社ですからそこで作られるお料理は味付けも見た目も日本食とは根本的に違います。

台湾製の特殊な形をした平たい5色の麺に独自のスパイスソースで味付けしたもの、タイのガパオライス、中東で好んで食べられるファラフェル(ひよこ豆の揚げ物)のピタサンド、スペインやポルトガルで有名な夏野菜の冷製スープガスパチョ、レンズ豆のインドカレー、モロヘイヤを練り込んだ玄米パスタイタリア風、夏野菜のケバブ、ベジタリアンテリヤキチキン風ピザなどの他幾つかのデザートなど国際色豊かな品々はどれもマイルドな味付けで美味しいものばかりでした。

帰り際、ジョンベリス社長とお話しする機会がありました。こういうことを東北でもやってより多くの人に変化のある美味しいベジタリアン食を知ってもらうイベントが行えたら楽しいのではないかと提案したところ是非やりましょうということでした。
Comments