トピックス‎ > ‎

9月のエッセイ

2017/09/19 4:27 に Mitsuko Mikami が投稿   [ 2017/09/19 4:28 に更新しました ]
4年ぶりに香港に来ています。8月の香港の暑さは覚悟していましたが滅多に汗をかかない私でも顔から汗が吹き出します。湿度が高いので慣れるまでが大変ですが相変わらず街は多くの人で溢れかえっています。

早速患者さんのお料理を始めるのに必要な新鮮な地元のオーガニック食材を入手するために龍城街マーケットにフィリピン人のヘルパーさんと出かけました。大きなスーパーにもオーガニックの野菜や果物は売っていますがそのほとんどが海外からの輸入品です。大根、ごぼう、自然薯、ユリ根まで入手可能で蓮根などは地元の立派なものが売られています。その中でも日本からの輸入品はオーガニックでもないのにとても高く、大きなスイカは立派な木の箱に入って2万円近い値段がついて売られていました。

魚売り場では鳥かごのようなものに動くものが重なるようにして入っているのでよく見たら大きな生きた食用ガエル。その脇ではおじさんが片っ端からそれらを引っぱり出しまな板の上で解体し皮を剥いでざるに並べているのでした。私は気持ちがへこんで写真を撮ることはできませんでしたがフィリピン人のヘルパーさんはカエル美味しくて大好きなのだとか。私たちはこうして生き物の命を頂いているのを実感しました。

お料理の合間に2回クラスもしました。やはり中国ですから易や陰陽五行、九世気学皇帝内経、神農の知識もあり、話が盛り上がりました。
Comments